• ベビーシッターの選び方

    • 核家族化や女性の社会進出から子育てが大変になっています。

      できれば通いやすいところに良い保育園を見つけることができればいいのですが、保育園は満杯状態です。

      そんなときにはベビーシッターをお願いしましょう。

      T-SITE関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

      保育園以上に時間帯の融通が利きますし、簡単な家事などもお願いできたりしてママの負担が減ります。ただ、ベビーシッターには公的な資格と言うのはありません。

      そのため選ぶ際には注意が必要です。


      公的資格はなくても子育て経験もゼロの人に任せるのは怖いこと。
      保育士資格を持っていたり子育ての経験があるかどうかなど確認して選ぶようにしましょう。


      普段は保育園に預けているという方も子供が熱を出した場合には引き取ってはもらえません。

      仕事をしていたら子どもの急な熱で自分も休むというわけにはいきません。

      そんなときに医療資格も持っており病気の子供も引き取ってくれるベビーシッター・急な予約やキャンセルに対応してくれるところは魅力です。

      ベビーシッターといえばこちらのサイトです。

      自身のライフスタイルに合ったところを選ぶようにしましょう。


      家事や宿泊もオプションとして行なっているようなところもあり、さまざまな形態にあわせてえらぶことができるでしょう。

      ただ、オプションをつけるとなると料金面も気になるところ。

      基本料金やオプション料金もきちんと調べておき、無理のない範囲で選び出しましょう。
      ベビーシッターをお願いするのは仕事をしているママだけではありません。一人で24時間ずっと子供といてストレスが爆発してしまう前に、たった1時間でもいいのでお願いしてみましょう。



  • 生活のコツ

  • わかりやすい情報

    • 頑張る専業主婦の方こそベビーシッターサービスを利用

      会社に勤めてお給料を得ているわけではありませんが、専業主婦もまた立派な職業です。専業主婦の方が普段から行っている炊事や洗濯や掃除、そして育児、それらの労働内容に、仮にお給料を支払うと試算した場合、年収1000万円から1500万円相当になる、とも言われています。...

  • 生活の話・専門知識

    • ベビーシッターサービスは働く女性の救世主

      日本ではなじみのないベビーシッターサービスですが、日本以外の海外では多くの人々がこのサービスを利用しています。近年日本も女性たちが働くようになってきているため、家庭の事や育児まで一人で抱え込んでいては大変です。...

    • ベビーシッターサービスの利用で心の余裕が取り戻せる

      海外では馴染みのあるベビーシッターサービスも、日本ではまだあまり知られていません。家政婦などのサービスはありますが、子供はある一定の年齢に育つまでは自分たちで面倒を見て、その後保育園や幼稚園に通わせるというのが一般的です。...