• ベビーシッターになるには

    ベビーシッターになるために公的な資格というのはありません。

    誰でもどんな経歴でもなることはできるのです。ただ、だからと言って他人の子を預かる以上はまったく経験のない状態ではベビーシッターをお願いする側としても安心できません。

    できれば保育士や幼稚園教諭の資格を取得していたり、万が一の急な体調変化に備えて看護師資格を持っていた方が就職先を探すときに有利になるでしょう。



    そういった資格を持っていなかったけれど子育てが一段落し、もう一度子育ての現場に立ち会える仕事をしたいからとベビーシッターを目指すなら、わが子の子育て経験を自己PRとするしかないでしょう。

    公的資格不要とは言っても、まったくの経験なしで入れる世界ではないのです。

    とはいえ、人の子を預かるとなるとわが子のように適当にすませることはできません。

    まずは民間資格である「認定ベビーシッター資格」を取得しておくのもおすすめです。
    全国保育サービス協会主催の資格なのですが、母としてではなくベビーシッターとして子育てをするためのやり方や考え方を学ぶことができます。

    子供が好きというのは目指すための大前提ですが、かわいいというだけでなく大事なこどもを守る責任感も必要です。

    日本経済新聞の情報を掲載しませんか。

    さまざまな個性を持つ子供たちを親から預かり、何事もないよう契約時間の間に子育てし、場合によっては家事なども行いまた親たちに返すという大切なお仕事です。


    働く女性が増えている現在、ニーズが高まっている職種でもあります。